天職(2)

みなさんこんにちは。校長の高野です。

ここにも天職をやっている人がいます。戸田友介さんは豊田市から委託されたプロジェクトの責任者として旭地区に移住しました。当初は有機野菜の生産と販売でおカネを稼ぐことを事業の目標にしていましたが、思ったようにはすすまず、プロジェクト崩壊の危機をへて、地域を支えることで地域に暮らすことを目標にすえ旭地区のファンを増やす事業を行ってきました。田んぼでのコメづくりやダイズづくりを都会の人に来てもらってトラストで行っています。

そしてこのたび、高齢のためにやめるという新聞販売店の事業を引き継ぐということになりました(地域の新聞販売店がなくなれば、新聞は郵便でお昼にしか届かなくなるのです)。新聞販売店が戸田さんの天職というわけではありません。彼の天職とは多くのスタッフとさまざまな仕事をシェアする体制をつくりだすということでしょう。そのことで彼はこの地が暮らしつづけるに値するものであるという価値をつくりだしているのではないでしょうか。

長いですが以下に戸田さんのfacebookへの投稿を引用します。8月8日のミライの職業訓練校の初日には戸田さんの話もナマで聞けます。ぜひどうぞ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【山里の新聞屋さん】

やっと落ち着いてきました。実は5月1日から、旭地区の一部と小原地区全域の新聞販売店を引き受けることになり、毎日皆さんの元へ中日新聞をはじめ、各紙、スポーツ紙、雑誌などのお届けをしています。

昨年の10月、一本の電話がありました「旭のなかで唯一ある新聞販売店がご高齢でやめるかもしれない。誰か引き継いでやってくれる人はいないだろうか。」 と。1ヶ月ほどいろいろな人に声をかけてはみましたが、そう簡単に引き受け手は見つからない。このままだと、昔のように朝刊が全部郵送で昼過ぎに届くよう になってしまうかもしれない。

地域の情報インフラのひとつであり、地域に残る業種のひとつであり、見守りネットワークのひとつでもある。「誰もやらないなら、自分で引き受けよう。仕事 もみんなで分け合えばできるはず。」と、11月12月と、中日新聞の方と打ち合わせと面談を繰り返し、最後は嫁さんも同席して決めました。打ち合わせの中 で、隣の小原地区もあわせてやってほしいとのことで、いつものことだけど、案外「決断!」という感じでもなく自然とそうなりました(笑)

新聞販売店の経験は今までにないし、人とお金の工面を3ヶ月程度でしていかないといけない。新聞を取り巻く課題は今も将来に渡ってもいくつもある。新聞配達を今まで通りを続けていて、安泰なことはない。
でもそれは、この時代を、この日本で、この地域で、家族と一緒に、仲間たちと一緒に生きていくも結局同じこと、柔軟に変化しながら、カタチづくってミライへ引き渡していくことはかわらない。

課題を乗り越えながら事業を引き継いだ上で、全国の地域密着で地域に貢献している新聞販売店の事例も勉強しながら地域に愛される新聞販売店でいられるといいなと思う。

という感じで、11月に開業趣旨を書いて、いろいろ挨拶まわりからはじまりました。

完全に引き継ぎをして、3ヶ月ほど。引き継ぎ期間からいれると、3月から5ヶ月間、毎日2時に起きてお店にむかい、3時に新聞が届いて、配達できるように チラシをいれて、仕分けをして、配達できるようにする、日によって配達もする。日中はチラシを組んだり、事務の仕事もある。  という話をすると、大変 だぁぁぁぁということになるんだけど、ひとりでやっているわけではなく、今まで配達や集金をしてくれていた人、新しく配達やチラシの折り込み、事務の仕事 を引き受けてくれた人、総勢35人ほどのスタッフで少しずつ分担しながらの毎日です。引き継ぎから当初覚えていくまでは、2重3重の時間が必要だったので 大変だったし、ぼくはもう少しの期間、朝はお休みできないけどね。

そう、様々な人がはたらいている。地域で産まれ育って地域のこともしっかりやりながら毎日朝から晩まではたらいている人、35年も前に先駆的に移住してさ まざまな仕事をこなし暮らしをつくってきた人、夫婦仲良く配達をする人、高齢では考えられない屈強な足腰で毎日走りながら配達をする人、年を重ねながらも ゆっくりと家の近所を歩いて配達をする人、お子さんたちは自立して朝の時間に配達ができる女性、コミュニケーションは少し苦手だけどどこでも覚えて配達が できる人、障碍をもっていてフォローがあれば配達できる人、朝は配達で稼いで昼は野良仕事をする人、毎日配達をする人、週1,2回配達をする人、出勤前に 配達する人、集金のみを丁寧にまわってくれる人、早朝だからできる、昼だからできる、子どもの送り迎えの間ならできる、子連れでチラシの折り込みや事務を する:ぼくもだけど(笑)。

若者から年配のかた、男性、女性にかかわらず、自分のできるペースで、自分のあうポジションを、家族の体調が悪くなれば他の人がカバーすることもある、自 分の都合だけで独りよがりにならずに、読んでくれる購読者の人、他のスタッフのことを考えて、うごく、素敵な人たちがはたらいてくれています。

「新聞」という、旧い媒体が(言い方は悪いですが変化は必要という意味で)、「新しい」情報インフラになるとすれば、「つながり」をベースにして、地域に 住み続ける人が「はたらく」ことの中にヒントがあるような気がしています。これは何も新しいことではなく、昔から山里で続けてきて今も残っている「ありか た」。

ぼくの山里の新聞屋さんとしてのシゴトは、この「ありかた」を関わる人すべてが大切に思える雰囲気をつくること、気持ちよく分け合える、ここにいられる関 係性を購読者のみなさんとスタッフのみなさん、各新聞社や折込広告をだしてくれるかたなど、多くのみなさんと紡いでいくことの2点かなと思います。

山里の新聞屋さん以外は、今まで通り、田んぼや畑、さまざまな企画や、合唱団や、地域の役割や、家のこと(第3子が産まれて6月からはウエイト大)をして います。だから、本業な何かと聞かれても、今まで通り、全部大切なシゴトです(笑)そして、具体的にやっていることは単純な作業の積み重ねです。
だけども、すべてが重なり合っているので、ひとつひとつを切り離して考えることができないと言ってもいいかもしれません。

あえていうならば、今までも、今も、これからも常に柔軟に変化し続けながら、分け合ったり、重なり合ったり、そういう「ありかた」「関係性」「生きかた」を紡いでいくことをシゴトにしていきたいなと思います。

今日も元気に自然体で☆

小渡小原販売店 戸田新聞店
代表 戸田友介
〒444-2811 豊田市太田町蟹田6番地
tel 0565-77-7648 fax 050-3488-9128

 

天職とは

みなさんこんにちは。校長の高野です。

 みなさん、今やっている仕事は自分の天職だと思いますか?そう自信をもって言える人は幸せですね。でもなかなかそういう人はいないのではないでしょうか。自分の天職とかライフワークとかいうものは何だろう。いつも思いますよね。

 天職に行き当たるには、自分は何がしたいのか、まずつきつめなければ・・・と思う人も多いと思います。でも、これはビギナー(笑)ですね。自分は何がしたいのか、自分で分かるでしょうか?自分さがしの旅に出てもなかなか見つかりません。「これだ」と思うものが見つかったように思っても、実際に実現しようとすると、うまくいかないことが多いと思います。実現しないものは天職にはなりませんね。

 なぜか。天職というのは英語のcallingの訳語なのです。直訳すれば、「呼ばれるということ」です。誰に呼ばれるのか。西欧では神様からです。つまり、自分が何をしたいのか、ということではなく、「神があなたに(あなたの意思にかかわりなく)与えた役割」ということです。

 私は残念ながら西欧で言う神さまというのがピンとこないのですが、同じことを日本人にもなじみの深い「ご縁」ということで説明することができます。この世はすべてご縁でできているのです。ご縁というのは、それぞれの人がそれぞれに役割を与えられて、この世ができているといことです。誰にもただ生きているだけで、いろんな役割があります。特にその役割が「はまり役」になっている状態。これが天職ということだと思います。

 具体例で。私は仕事でワークショップのファシリテータをする機会がけっこうあります。もともとそういうことをやりたいとか、やろうとして専門の勉強をしたとかいうことではありません。私は地球物理学というカタイ(笑)学問をやっていましたので、ワークショップなども経験したことはありませんでした。ただ環境学の分野に参入してから、いろんな人が話し合うというような場面にたくさん遭遇するようになりました。そうすると、そのうち、けっこうな人数の会合の司会進行をやってほしい、という話がきました。企画メンバーのほとんどが発言者になるので、手があいていたのが私だけだったという事情です。つまりご縁ですね。こういうのは苦手だなーと思いながら断れなくてやってみると、なんとかできました。

 そうこうしていたら、あるプロジェクトで、日本ではファシリテータとして第一人者のひとりの方が世話役となって行う事業に参画することになり、その方のやり口を目の前で経験する機会がありました。まさにご縁でした。そこでとても印象的なことがありました。プロジェクト本番直前のあわただしい中で、緊急の打ち合わせやろうということになった時、その方は、まずわざわざ重たいいすを動かして、みんなが向かいあって座れるように場をつくりはじめたのです。私はピンときたのです。そうか、常に参加者が対等な立場でかつ全体を見渡せる関係性の中で気持ちよくコミュニケーションをとれるように場をつくるのがファシリテータの仕事なんだと。オモシロイ!と思ったのです。

 それから、不思議なことに自分にもそういうことをやってほしい、という依頼が来るようになりました。もちろん本を読んだりして勉強しましたが、あとは見よう見真似でファシリテーションをやるようになりました。うまくいかないこともありながら、経験と工夫を重ねることで今では私なりのスタイルを確立し、一応プロのファシリテータとして仕事ができるようになりました。私としては難易度の高いワークショップの依頼があるごとに、自分が成長しているのを感じます。また参加者や企画者のみなさんが喜んでくださるのをみて、あぁよかったなと思います。これは天職だなと。こういうことを自分はやりたかったんだ、と後から分かるというわけです。

 すごいプロフェッショナルの人たちによくよく話を聞くと、だいたい似たような感じですね。たまたま頼まれたからとか、他にやる人がいなくてとか、そういうご縁でその世界に入っていっている人が多いです。

 ということは。天職というのは、ご縁を大切にして感謝して、できそうな範囲で「頼まれたら断らない」という態度でいれば、そのうち行き当たるということではないでしょうか。ミライの職業訓練校はそのような参加者どうしのご縁が「ピンとひらめく」場でありたいと思います。

愛と仕事

みなさんこんにちは。校長の高野です。

「建学の精神/神を忘れた良心は麻痺し、土を離れた生命は枯死する。本校建学の精神は、神を愛し、人を愛し、土を愛する人格形成である。・・・農業は隣人の生命の糧を生産する職業である。農業を具体的な隣人愛の実践であると確信し、土を愛し誇りとよろこびをもって農業に従事する・・・」

三重県伊賀市にある私立の農業高校、愛農高校の教室に掲げられている「建学の精神」の文言です。愛農高校は全国愛農会が運営しています。愛農会は戦後すぐに結成された農業者団体で、キリスト教の信仰をベースに、有機農業の普及を中心に活動しており全国に会員がいます。私はいろいろな宗教を広く浅く勉強していますが、キリスト教を勉強してもピンときませんでした。キリスト教の説く愛というのがあまりに抽象的で高遠な感じがしていたのです。神を愛せと言われても・・・神様から愛されていると言われても・・・という感じですね。

でも愛農高校に行ってこの「建学の精神」を読んで腑に落ちた気がしました。日々の野良仕事が愛の実践であったのです。

働くことが愛の実践であるような働き方。その愛とはキリスト教で説かれるものだけに限る必要もなく、また農業に限られるわけではないと思います。どんな信仰をもつものも、あるいは持たないものも、さまざまな職業・生業において、そのような働き方を追求することができます。

私たちの働き方に決定的に不足しているのは愛なのではないでしょうか。農家が土を愛するように対象となるモノを愛し、お客様を愛し(「お客様は神様です」という打算的な関係ではなく)、いっしょに働くものを愛する働き方ができたらどんなにすばらしいでしょう。

ミライの職業訓練校はそのような働き方を、照れずに臆さず追求できる場でありたいと思います。

(つづく)

 

結(ゆい)という知恵

みなさんこんにちは。校長の高野です。

「望むような働き口」とはどのようなものでしょうか。それは私たち一人ひとりが見出していくほかありません。もちろん仕事の内容は大事ですね。でもそれだけでしょうか。

どんなに創造的な仕事内容でも、仕事がとてもストレスになることがあります。一方、どんなに単純労働で肉体的に厳しい仕事でも、楽しくてしょうがないということがあります。

後者の例が、昔の田植えでした。一反の田んぼ(30m四方くらい)を一人で田植えをしろといわれたら、つらいですね。2,3列植えたところで腰をあげてみると、ゴールははるか向こう。絶望的な気分(ちょっとおおげさ?)になります。農作業というのは、機械が入る前はこういう厳しい仕事だらけでした。実際は、田植えは結(ゆい)で行いました。親戚や近所から人手が出てきて、一反の田んぼを10人で田植えする。それを順番に10反やるわけです。

なぜでしょう?必要な労働力としては一人一反を10人がやるのと、10人で10反をやるのとでは同じです。なぜこういうややこしいことをやるかというと、それがつらい労働を楽しみに変えるからです。日本全国通津浦浦を歩いた民俗学者宮本常一の名著『忘れられた日本人』(岩波文庫)には、結で田植えをする女たちの会話が記録されています。ぺちゃくちゃおしゃべりしながらの田植え。だんだん話題は下ネタに。気づいたら一枚終わっているわけです。

おばあさんたちに聞くと、田植え歌を歌いながらの田植えは昔は華やかで楽しいものだったということです。結というのはつらい労働を楽しみに変える先人の知恵なのです。

このような田植えは、機械が入ってきて消滅しました。一家で一台の田植え機による田植え。そこに楽しいおしゃべりはありません。

ここに私たちにとっても大きなヒントがあるような気がします。

(つづく)

「いなかには仕事がない」はまちがい?

みなさんこんにちは。校長の高野です。

いなかには仕事がない、だから若い人が出て行って過疎になった。多くの人がそう思っていると思います。私も最近までそうでした。でもこれがまちがいということに気づきました。

というのは、いなかにもいろいろな事業所があります。自動車の部品工場、観光施設、専業農家、林業事業体、建設会社などです。そういうところで話を聞いていくと、どこも人手不足で困っています。募集しても集まらない。結局、外国人の研修生が働いていたりします。つまり、いなかには働き口は実はたくさんあるのです。

でも、働き手がいない。ということはつまり、働き口がないわけではなくて、「望むような働き口」がない、ということではないでしょうか。

では、「望むような働き口」とはどのようなものでしょうか。例えば単純作業の連続はイヤだ、長時間働くのはイヤだ、ということでしょうか。

でも何かひとつの事業をやっていこうとすれば、時には単純作業や長時間の作業も必要です。例えば最近若い人に人気が出てきた農業もそういう仕事です。収穫した豆から売り物になるものを選別する作業は、単純作業を延々と続けなくてはいけません。でもそれを楽しんでやっている若い農家はたくさんいます。作業の内容そのものの問題ばかりとは言えませんね。

では、何があれば「望むような働き口」になるのでしょうか。この問いに受講生それぞれが答えを出す。これがミライの職業訓練校がめざすところです。

(つづく)

 

ミライの職業訓練校へようこそ

みなさんこんにちは。校長の高野です。

いよいよ8月8日よりミライの職業訓練校の開校です。受講申し込み絶賛受付中です。ぜひご検討ください。

ミライの職業訓練校は、いろいろな側面があります。ひとつは山里へ移住したい人への支援です。いなかで暮らしたい、子育てしたいと思っているけど、いろいろ不安もある、という方に最適です。いなかに定期的に通って、移住した先輩たち、地元の方たち、同じ思いの仲間たちと人脈をつくり、いろいろと話を聞くなかで、具体的にどうすればよいかが見えてきます。

もうひとつは、新しい時代の働き方を模索する場であるということ。今の仕事は給料はそこそこもらえるけれども、何をやっているか分からない、結局利益を上げることが目的で、その結果として世の中が悪い方向に進んでしまう。そういう働き方をがまんして続けるのは、心にも体にもよくありませんね。とはいえ、自分に何ができるのか?そういうモヤモヤをもってご参加ください。

ミライの職業訓練校は、参加者がそういうモヤモヤをもちよるところからはじまります。モヤモヤは資源です。モヤモヤには新たな飛躍のヒントがいっぱい隠れています。みんなでモヤモヤを出し合い、対話することでそのようなヒントを見つけていきます。

(つづく)